図書館資料と著作権

著作物(アイデアや思想を創作的に表現したもの)は、著作権法によって保護されています。 無断転載や改編など、著作権者の権利を侵害する行為は著作権法違反となります。 著作物の複写は、著作権法の認める範囲内でのみ可能です。 図書館内で資料を複写する際には、同法第31条等に定められた次の点をお守りください。

  • 調査研究を目的とすること。
  • 1人1部であること。
  • コピーできるのは、図書等の著作物の一部分(半分以下)です。
  • ただし、定期刊行物(雑誌や新聞等)の論文や記事は、 発行後相当期間たった場合(発行後3か月以上か、次号が出ている場合)には、 論文や記事の全体をコピーできます。
  • 備え付けの複写申し込み用紙に記入してください。
  • 持ち込み資料(自分のノートなど)のコピーはできません。

Library Materials and Copyright

All works-including those held by libraries-are protected by copyright laws, which means their unauthorized reproduction is a violation of the law. Photocopies are restricted by the following basic rules:

  • for research or academic purpose only
  • maximum of one copy per person
  • the range of copies must not exceed half of the document's total number of pages (except for journal articles, see conditions below)
  • journal articles may be photocopied in their entirety only after the publication of the journal's latest issue or three months after the article was published
  • photocopies must be properly registered on the relevant forms
  • materials external to the library may not be photocopied