博士論文を提出する方へ

博士論文のインターネット公表について

学位規則の改正により、平成25年4月1日以降に博士の学位を授与された方は、原則として授与された日から1年以内に博士論文の全文を、東京大学学術機関リポジトリを通じて公表することとなりました。

ただし、当研究科において、やむを得ない事由と認められ、学位取得後1年を超えてインターネットによる公表ができない場合は、全文に代えて博士論文の要約を公表することとなります。

博士論文のインターネット公表にあたっては、以下のサイト等を参考にしてください。

  • 著作権について
  • 博士論文の執筆および公表に関係する著作権については「博士論文と著作権」をお読みください。
    論文で他人の著作物を使用する場合は特に注意を払う必要があります。

  • 学術雑誌出版社の著作権ポリシーの確認方法
  • 学術雑誌論文として執筆した博士論文を公表するためには、各学術雑誌の著作権ポリシーを確認する必要があります。
    確認に当たっては次のサイトをご利用ください。
    最新の内容や個別の内容は、契約書や各出版社・学協会のサイト等で確認してください。

    【出版社の著作権ポリシー確認サイト】
    各サイトの検索窓に当該雑誌名等を入れて検索すると著作権ポリシーが表示されます。

    1. 日本の学術雑誌の場合 SCPJ:学協会著作権ポリシーデータベース
    2. 外国の学術雑誌の場合 SHERPA/ROMEO:海外出版社の著作権ポリシーデータベース

博士論文についての問い合わせ先

教務課学生支援チーム大学院学生担当(3号館1階学生サービスセンター)
 電話:03-5841-5010 Eメール:daigakuin★ofc.a.u-tokyo.ac.jp(★を@に置き換えてください)

提出先

  • 課程博士の方:教務課専攻支援チーム(3号館1階学生サービスセンター)
  • 論文博士の方:教務課学生支援チーム大学院学生担当(同上)