博士論文の探し方

博士論文とは

博士の学位を得るために提出する論文です。
博士論文には以下の2種類があります。

  • 課程博士論文 博士課程に在籍して提出する論文
  • 論文博士論文 博士課程に在籍しないまま学位を取得するために提出する論文
一部の論文はインターネットで全文が公開されています。平成25年度以降に提出される日本の博士論文は、原則としてインターネットで全文が公表されることになりました。

東京大学(新制・昭和32(1957)年度以降)の博士論文を探す

*東京大学(旧制)の博士論文を探す場合は「国内の大学の博士論文を探す」をご覧ください。
  1. UTokyo Repository(東京大学学術機関リポジトリ)で探す
    http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/
  2. 学位論文検索専用ページでは、著者名・論題の他に学位の種類や報告番号などでも検索できます。一部の論文は全文が掲載されています。(平成25年度以降提出される博士論文はUTokyo Repositoryで原則として全文公表されます。)

  3. 東京大学学位論文データベースで探す http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/
  4. 昭和32年度以降(新制大学)の博士論文を検索できます。一部の論文は要旨が掲載されていますが、全文は掲載されていません。

東京大学の博士論文を利用する

東京大学の博士論文(製本論文)は東京大学及び国立国会図書館関西館で所蔵しています(平成24年度まで)。 平成25年度以降は原則としてUTokyo Repositoryで全文がインターネット公表されることとなったため、製本論文の所蔵状況は研究科によって異なります。
  1. 農学・獣医学の博士論文を利用する
    • 所蔵状況  農学生命科学図書館では、以下の博士論文を所蔵しています。
      • 課程博士論文 昭和33(1958)年度以降(一部所蔵なし)
      • 論文博士論文 昭和36(1961)年度以降
    • 手続き  図書館カウンターに以下の事項を伝えて閲覧を申し込んでください。
      • 著者名
      • 学位記番号(UTokyo Repositoryあるいは図書館内にある著者名カード目録で調べることができます。)
    • 利用上の注意
      • 利用時間は平日9:00-17:00です。   
      • 貸出はできません。館内でご利用ください。   
      • 複写は原則として半分までです(一部、著者の許諾を事前に得ているため全文の複写が可能な論文もあります)。全文を複写するには著者権者の許諾を得る必要があります。

  2. 農学・獣医学以外の博士論文を利用する
    • 所蔵状況
      • 課程博士論文 各研究科の図書館(室)等で所蔵しています。
      • 論文博士論文 総合図書館で所蔵しています。各研究科の図書館(室)等で所蔵している場合もあります。
        ただし、建物工事等の影響で利用ができない場合もあり得ますので、「学位論文の所蔵と利用案内」のページでご確認の上、所蔵館にお問合せください。

 ※ 国立国会図書館関西館で大正12年9月以降の博士論文の多くを所蔵しています。
     東京大学で所蔵していない場合はこちらをご利用ください。
     NDL-OPAC(国立国会図書館)で探す
     国立国会図書館関西館で所蔵している場合

国内の大学の博士論文を探す

  1. JAIRO(学術機関リポジトリポータル)で探す  http://jairo.nii.ac.jp/
  2. 日本の学術機関リポジトリに蓄積された博士論文等の学術情報を横断的に検索できます。一部の論文は全文が掲載されています。

  3. NDL-OPAC(国立国会図書館)で探す https://ndlopac.ndl.go.jp/
  4. 国立国会図書館関西館で関東大震災以後(大正12年9月以降)の全国の大学の博士論文の多くを所蔵しています。

  5. 博士論文書誌データベースで探す http://dbr.nii.ac.jp/
  6. 昭和32(1957)年度以降の国内の博士論文を網羅的に検索することができます。原則として学位授与大学で論文を所蔵しています。

  7. 博士録で探す
  8. 明治・大正・昭和の古い博士論文を探すには以下の索引を参照してください。

    • 大日本博士録 全5巻(発展社 1921-1930)
      学位授与を開始した明治21(1888)年から昭和4(1929)年までに学位授与された博士について調べることができます。各巻ごとに収録年代が違います。多くは論文要旨を記載しており、全文が入手できない際にも役に立ちます。 第1巻:法学・薬学、第2~4巻:医学、第5巻:工学
      大日本博士録は 国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。
    • 日本博士録 全9巻(日本図書センター 1985)
      明治21(1888)年から昭和37(1962)年までに学位授与された博士の博士論文を調べることができます。各巻ごとに収録年代が違います。第9巻は学位の種類別の人名索引(五十音順)です。
      日本博士録は総合図書館の参考図書コーナーにあります(請求記号377.5:N71)。

 関連サイト:
 国立国会図書館 リサーチ・ナビ 国内博士論文

海外の大学の博士論文を探す

  1. ProQuest Digital Dissertations & Theses Globalで探す
    http://search.proquest.com/pqdtglobal/index
  2. 欧米を中心とした学位論文を検索できます。一部は全文が掲載されています。

  3. NDLTD(Networked Digital Library of Theses and Dissertationsで探す
    http://www.ndltd.org/resources/find-etds
  4. 北米を中心に70以上の機関の電子学位論文を検索できます。

  5. NDL-OPAC(国立国会図書館)で探す https://ndlopac.ndl.go.jp/
  6. 国立国会図書館関西館で1950年代後半以降の主に科学技術分野の欧米博士論文を所蔵しています。

 関連サイト:
 国立国会図書館 リサーチ・ナビ 海外博士論文

他大学の博士論文を利用する

 博士論文は貸出できません。所蔵場所で閲覧するか複写物を取り寄せることになります。

  1. 国立国会図書館関西館で所蔵している場合

    • 閲覧:国立国会図書館東京本館に取寄せて閲覧することができます。取寄せには利用者登録が必要です。詳細は「登録利用者制度のご案内」を参照してください。
    • 複写:原則として半分までの複写ができます。全文を複写する場合には著作権者の許諾が必要です。複写は東京大学MyOPAC文献取寄サービスで取寄せを申し込むか、国立国会図書館の「複写サービス」をご利用ください。

  2. 学位授与大学で所蔵している場合
    • 閲覧:利用条件を各大学図書館のWebサイトで確認してください。利用条件が不明な場合は図書館カウンターにご相談ください。
    • 複写:原則として半分までの複写ができます。全文を複写する場合には著作権者の許諾が必要です。複写は東京大学MyOPAC文献取寄サービスで取寄せを申し込んでください。
修士論文について

博士論文と異なり、公開や国立国会図書館への納本を義務づけら れていないため、まとめて所蔵しているところはありません。また、包括的なデータベースもありません。
所蔵状況は学位授与大学によって異なりますので、各大学図書館のWebサイト等でご確認ください。

農学生命科学図書館では修士論文を所蔵していません。各研究室にお問い合わせください。他の研究科の所蔵状況は「学位論文の所蔵と利用案内」でご確認ください。