マイクロ資料の探し方

農学生命科学図書館で所蔵しているマイクロ資料の探し方と利用の仕方についてご紹介します。マイクロフィルム化された情報の探索にご活用ください。

●マイクロ資料の特徴と所蔵コレクションの分野
●マイクロ資料の探し方
●マイクロ資料の利用の仕方

マイクロ資料の特徴と所蔵コレクションの分野

 マイクロ資料とは、図書、雑誌、新聞、文書等を縮小撮影しフィルムにした資料で、省スペース性に優れ、原本が利用できない貴重資料の代替としても利用しやすい等の利点があります。マイクロフィルムの形態にはロール状のもの(リール式)とシート状のもの(マイクロフィッシュ)があり、マイクロフィルムリーダー/プリンターという専用の機器を使って閲覧や複写をすることができます。農学生命科学図書館では「農商務省小作慣行調査報告」、「土地経済資料」、「British Agricultural Writers, 1550-1820」、「Great Britain. Cabinet Office. Cabinet Minutes and Memoranda, 1916-1939」、「The Holyoake Papers」等、農学系のみならず人文社会科学系のコレクションも所蔵しています。

マイクロ資料の探し方

 図書や雑誌のマイクロ資料は東京大学OPACや館内備付けのリストを使って探すことができます。
 特に図書のマイクロ資料についてはOPACに登録されていないものがありますのでご留意ください。

 1.東京大学OPACで探すhttps://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/

 紙媒体の図書や雑誌と同様にタイトルやタイトルに含まれる言葉等を入力してOPACで検索できます。


 

 2. リストで探す

 本館1階にあるマイクロリーダー席に印刷版の所蔵マイクロ資料リストを備付けています。マイクロキャビネット内の配架順と資料のタイトル順リスト、雑誌のカード目録コピーのリストがあります。図書のマイクロ資料はOPACに入力されていないものもありますのでこちらのリストもご利用ください。

 3. マイクロフィルムの中の情報を探す

 マイクロフィルムのコレクションには解説資料や冊子体のリストやが付属しているものがあり、マイクロリーダーそばのキャビネット内に保管されています。閲覧したい箇所がマイクロフィルムのどこにあるかこれらの付属資料を使って調べることができます。

マイクロ資料の利用の仕方

    • マイクロ資料の利用については1階カウンターにてお申込みください。利用時間は平日9:00~17:00です。
    • 閲覧は館内のマイクロリーダーで行います。
    • リーダーの操作方法がわからない時はカウンター職員へお尋ねください。
    • 資料内容を確認後プリントを希望する場合はカウンターにお申し出ください。プリントの詳細についてはカウンターへお問い合わせください。