学外からのデータベース・電子ジャーナルの利用方法について
[更新日: 2020/05/07][掲載日: 2020/04/07]

学内限定のデータベース・電子ジャーナルを学外から利用する方法についてご案内します。
(特にこれまでの利用方法と変更はありません。主に初めてご利用になる方へのご案内です)
利用可能な方: 本学の学部学生、大学院生、研究生、教職員など
利用可能なサービス: 契約上、学外からのアクセスが認められているもの(E-journal & E-book Portalの検索結果に「via Off-Campus access service」と表示があるものは利用可能です)

○学部学生、大学院生、研究生 / for Students

【入口 / Entrance】 「SSL-VPN Gatewayサービス」
【Username】 UTokyo Account(学生証右下にある10桁の数字)
 ※UTokyo AccountはUTAS等で利用するIDとパスワードです。詳しくはこちらをご参照ください。

○教職員 / for Faculty
【事前準備 / the preparatory procedures】 メールアドレスの登録と、認証GWサービスの利用申請が必要です。
 手順はこちらからご確認ください。
【入口 / Entrance】 「認証GWサービス」
【Username】 UTokyo Account(10桁の数字)
 ※UTokyo Accountについて詳しくはこちらをご参照ください。


参照:
「学外でも使えるオンラインコンテンツ / Electronic Contents for Remote Work & Study」(東京大学農学生命科学図書館)
「オンライン学習、在宅研究・勤務で利用できるオンラインサービスのご案内」
”Guide for Online Study & Remote Work”
「学外からデータベースや電子ジャーナルを使うには?」
”Online services available from outside the campus”