資料の特別利用

新型コロナウィルス感染症対策のため、一部のサービスを変更・休止しています。
最新の状況はこちらのページでご確認ください。

当館所蔵資料を次のようなことに利用する際は、手続きが必要です。

・資料をカメラ等で撮影する
・資料に収載された図版等を、掲載・放送・復刻などに利用する
・資料を展示会等で展示する

下表を参考に、提出書類を確認し、手続きを行って下さい。

なお「国牛十図」ほか”農学生命科学図書館デジタルアーカイブ”および”新日本古典籍総合データベース”で公開している画像データについてはこちらのページをご覧ください。

特別利用の種類 提出必要書類 手続き~利用の流れ
利用者自身による資料撮影 ①(⑤) A
掲載出版 ①②(③④⑤) B
放送 ①②(③④⑤)⑥
映像製作
パネル展示
データベース収録
web公開
翻刻出版・復刻出版 ①②(③④⑤)⑦ C
展示会への出陳 ①②(③④⑤)⑧⑨⑩ D

①特別利用許可願{様式1}
利用が複数にわたる場合(ex.図版を「放送」と「掲載」の両方に利用)は、1枚の様式にまとめて申請可
②該当図版・ページのコピー
③返信用封筒(84円切手貼付)
許可書送付用(郵送希望の場合のみ)
④権利処理に関わる許諾文書
「承諾書」など、当該図版や写真の使用許諾処理が完了したことが分かる書面(著作権が切れている資料の場合は提出不要)
⑤貴重書閲覧・複製許可願{様式2}
貴重書の利用を希望する場合のみ(提出の有無がご不明の場合は担当までお問い合わせ下さい)
⑥企画書
⑦趣意書{様式3}
⑧展示企画書{様式4}
⑨資料状況調書{様式5}
⑩資料貸借書{様式6}

問い合わせ・提出先


手続きA:利用者自身による資料撮影

【許可願の提出】

・自身のカメラでの撮影を希望する場合、許可願を提出して下さい。
・撮影した画像を「研究を目的とした個人利用」以外(掲載出版・放送等)に使用する場合は、その利用に関する手続きも行って下さい。

【許可書の交付】 ・決裁手続の上、許可が下りた場合は「許可書」を交付いたします。
・通常、許可願の到着から許可書交付までは2日~1週間ほどかかります。
【資料の利用】 ・撮影は、指定した場所で行って下さい。許可された資料箇所以外の撮影はできません。
・撮影の際に資料の損壊、汚損事故が発生した場合、賠償等の求めに応じていただくことになります。
【資料利用後】 ・画像の再複製はしないで下さい。
・研究を目的とした個人利用、および許可された目的以外での使用はできません。


手続きB:掲載出版、放送、映像制作、パネル展示、データベース収録、Web公開

【権利処理】 ・特別利用を希望する資料について著作権、肖像権等の有無を確認し、必要な処理を完了して下さい。
・処理のための連絡先等の問い合わせには応じかねます。出版社等にご照会下さい。
・「承諾書」など、処理完了が確認できる書面をご提出下さい。
【必要書類の提出】 様式1「特別利用許可願」の申請者は出版権もしくは著作権を持つ機関の代表者とし、機関印(自費出版の場合は個人印で可)を押印して下さい。
・図版等は撮影業者に発注いただきます(料金は申請者が負担)。やむを得ない事情で自身のカメラ等による撮影が必要な場合は、「特別利用許可願」により、自身撮影の許可申請も併せて行って下さい。(許可願の書式はまとめて1枚の提出で可)
・掲載と出陳など、利用が複数の種類にかかる場合は、全ての種類について許可申請を行って下さい。(許可願はまとめて1枚の提出で可)
・貴重書の利用を希望する場合は、{様式2}「貴重書閲覧・複製許可願」をご提出下さい。
【許可書の交付】 ・決裁手続の上、許可が下りた場合は「許可書」を交付いたします。
・通常、許可願の到着から許可書交付までは2日~1週間ほどかかります。
【資料の利用】 ・自身による撮影を行う場合は手続きAも参照して下さい。
【資料利用後】 ・許可された目的以外の利用はできません。
・業者に資料撮影を発注した場合は、ポジフィルムを当館に寄贈いただきます(特別利用には、ネガフィルムもしくは印画紙への焼き付けを使用していただきます)。また、ポジフィルムからの複写等に要する料金は申請者の負担とします。
・掲載または収録をした資料には、現物が「東京大学農学生命科学図書館」所蔵資料であることを明記して下さい。
・掲載または収録をした図書・録画・CD・DVDを、許可書に記載された許可番号を添付し、一部(1セット)当館に送付して下さい。
・(パネル展示のみ)展示物の使用状況を撮影した写真を当館に送付して下さい。


手続きC:翻刻出版・復刻出版

【翻刻・復刻について】 ・当館では、著作権保護期間を経過した著作物の翻刻・復刻のみを受け付けます。
【権利処理】 ・翻刻・復刻を希望する資料について、著作権保護期間を経過していることを確認して下さい。
・その他、肖像権等の有無を確認し、必要な処理を完了して下さい。
・処理のための連絡先等の問い合わせには応じかねます。出版社等にご照会下さい。
・承諾書など、処理完了が確認できる書面をご提出下さい。
【必要書類の提出】 様式1「特別利用許可願」の申請者は出版権もしくは著作権を持つ機関の代表者とし、機関印(自費出版の場合は個人印で可)を押印して下さい。
・図版等は撮影業者に発注いただきます(料金は申請者が負担)。やむを得ない事情で自身のカメラ等による撮影が必要な場合は、「特別利用許可願」により、自身撮影の許可申請も併せて行って下さい。(許可願の書式はまとめて1枚の提出で可)
・復刻と出陳など、利用が複数の種類にかかる場合は、全ての種類について許可申請を行って下さい。(許可願の書式はまとめて1枚の提出で可)
・貴重書の利用を希望する場合は、様式2「貴重書閲覧・複製許可願」をご提出下さい。
様式3「趣意書」もご提出下さい。
【許可書の交付】 ・決裁手続の上、許可が下りた場合は「許可書」を交付いたします。
・通常、許可願の到着から許可書交付までは2日~1週間ほどかかります。
【契約処理】 ・「出版契約書」をもとに、本学事務局との出版契約を行います(処理担当:農学部・農学生命科学研究科事務部経理課)
【資料の利用】 ・自身による撮影を行う場合は手続きAも参照して下さい。
【資料利用後】 ・刊行に使用したフィルム等は、許可された目的以外に使用できません。
・業者に資料撮影を発注した場合は、ポジフィルムを当館に寄贈いただきます(特別利用には、ネガフィルムもしくは印画紙への焼き付けを使用していただきます)。また、ポジフィルムからの複写に要する料金は申請者の負担とします。
・刊行した出版物には、底本が「東京大学農学生命科学図書館」所蔵資料であることを明記して下さい。
・刊行した出版物を、許可書に記載された許可番号を添付し、一部(1セット)当館に送付して下さい。


手続きD:展示会等への出陳

【権利処理】 ・出陳の他に展覧会カタログへの掲載等をする場合は、著作権・肖像権等の有無を確認し、必要な処理を完了して下さい。
・処理のための連絡先等の問い合わせには応じかねます。出版社等にご照会下さい。
・「承諾書」など、処理完了が確認できる書面をご提出下さい。
【必要書類の提出】 ・「特別利用許可願」の申請者は、展示する機関の代表者とし、機関印を押印して下さい。
・出陳と掲載出版など、利用が複数の種類にかかる場合は、全ての種類について許可申請を行って下さい。(許可願の書式はまとめて1枚の提出で可)
展示機関と掲載出版物の出版権者が異なる場合は、それぞれ申請して下さい。
・貴重書の利用を希望する場合は、様式2「貴重書閲覧・複製許可願」をご提出下さい。
様式4「展示企画書」も提出して下さい(必要な記載項目を満たした企画書・説明書・パンフレットでも可)
【許可書の交付】 ・決裁手続の上、許可が下りた場合は「許可書」を交付いたします。
・通常、許可願の到着から許可書交付までは2日~1週間ほどかかります。
【資料の利用】 ・事前に来館日をご連絡下さい。
・資料貸出時に、様式5「資料状況調書」を作成し、ご提出いただきます。
・資料貸出時に、様式6「資料借用書」をご提出下さい。
【資料利用後】 ・資料返却時に、「資料状況調書」をもとに資料の点検を行います。
・資料の損壊、汚損があった場合は、申請者の責任において原状回復を行っていただきます。

問い合わせ・提出先

東京大学農学生命科学図書館 情報サービス担当
Tel 03(5841)5425
FAX 03(5841)5428
E-mail service@lib.a.u-tokyo.ac.jp
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1